>  > 好みにピッタリの風俗嬢と過ごした一時

好みにピッタリの風俗嬢と過ごした一時

毎日残業をして仕事を頑張ってきたので、たまには自分にご褒美をあげてもいいだろう。でも、ほしいものが何かあるわけではないしおいしいものを食べたいわけでもない。自分好みの女性を一度でいいから抱いてみたいのだ。しかし、自分はイケメンのタイプではないので女性にモテない。友人に相談してみると「風俗なら好みの女性と遊べる」と教えてもらえたので、すぐにインターネットで近所の風俗店を調べてみた。ホームページには在籍している風俗嬢の紹介が書いてあったのでじっくり見てみると、見た瞬間にビビッときた女性がいた。彼女とエッチがしたいので予約をしてから遊びに行ってみた。彼女を目の前で見ると写真とはちょっと雰囲気が違い、いい意味で期待を裏切ってくれた。とても真面目そうな女性だと思っていたが、内面からエロさが漂っていたのだ。今回は彼女にすべてを任せてみると、積極的にテコキやフェラをしてくれた。何度か射精を我慢したが、彼女の愛液で濡れたパンツをペニスに絡めてしごかれた時は射精してしまった。自分にとって最高のご褒美になったので、またお金が溜まったら彼女を指名して遊びたい。

風俗はソープということが実感した体験

60分で3万6000円というコストの風俗店に行ってきました。今回、初めて利用する風俗店です。しばらくは、コストのこともあり、ピンサロなどの安価なお店を利用していたんですが、まとまった収入があり、ソープランドに行ってみてから、プロフェッショナルのテクニックに驚嘆して、メロメロになって、完全にハマってしまった次第です。この手の遊びをするのであれば、ソープランドが一番だと多くの人が口にしますが、それを実感した感じです。プレイしてくれた風俗嬢は、口元がぷっくらとしていて、可愛らしい感じの嬢でした。部屋に入って丁寧な挨拶をするなり、ソファーに座る僕に向かってディープキスの嵐です。自己紹介などの会話もほぼないままに、嬢の積極的な攻撃にたじたじになってしまいました。半勃起状態のジュニアをもてあそびながら、徐々にむくむくと元気が出てきたところを見計らいパクリです。濃厚すぎるフェラチオに思わずフライング発射してしまうレベルでした。

[ 2016-02-18 ]

カテゴリ: 風俗体験談